バツイチが再婚相手を探す方法!出会いを成功させる場所や条件とは?

バツイチになってから寂しい日々を送る中で

「再婚相手を探したい」

という悩みを持つ人はたくさんいます。

 

しかし、一方で中々理想の相手に巡り合えずに

時間だけが過ぎていく・・・という人もたくさんいます。

 

今回はそんな人が具体的にどのように

再婚相手を探すべきなのか・どういう条件で探すと

上手くいきやすいのかについて解説します。

 

再婚相手はみんなどこで相手を探すのか?代表例を紹介

まず、再婚相手とどこで出会ったのか、について

ここでは代表的な場所を紹介します。

 

職場

まず、最も多い出会いの一つが職場で

再婚相手と出会ったというケースです。

 

社会人になると職場で過ごす時間が最も長く

自然と距離が縮まり仲良くなれるケースも多いのです。

 

再婚に限らず初婚でも職場での出会いは非常に多く

結婚の定番場所だと言えるでしょう。

 

ただし、欠点もあって理想の相手と出会えるか・バツイチを

気にしない相手と出会えるかは「完全に運次第」ということです。

 

また、職場内恋愛というだけで噂になりやすいのに、

再婚相手が職場だと周囲の目線も気になるという欠点もあります。

 

「そもそも職場に理想の相手がいたらそんなに苦労しないわ」という

人も多いですから、職場結婚が多いとは言え、運の要素が強く

しがらみもあるのがデメリットです。

 

友人や知人の紹介

次に定番なのが友人や知人からの紹介で

再婚相手を見つけるというケース。

 

友人や知人に自分の条件を伝えておけば

その条件にマッチしたような人を紹介してくれるかもしれません。

 

ただし、こちらも自分の年齢次第では

難しくなってくるのも事実です。

 

自分が20代であればまだ未婚で結婚願望があり、

内面などが魅力的な異性はたくさんいます。

 

ですので、紹介で出会える確率は高いのです。

 

しかし、40代くらいになってくると未婚で

結婚願望がある魅力的な異性の数はグンと減ります。

 

もちろん、相手もバツイチで同じ境遇で

意気投合をするような場合もあるかもしれませんが、

共通の友人がみんな家庭持ちのケースが多くなり

人間関係もある程度固定化されていくもの。

 

ですので、年齢が上がるにつれて紹介してもらうにも

ハードルが上がるのです。

 

また、「友達の紹介」というところで

一度会って「違う」と思ってすぐに断るにも友達に気を遣いますし

その点でも意外とデメリットがあったりもします。

 

趣味の集まりやサークルなど

趣味のサークルで再婚相手が見つかったというケースも多いです。

 

自分に趣味がある場合は、自分の趣味と合う相手が自然と見つかり、

趣味を通じて仲良くなれるのでお勧めできる方法です。

 

ただ、「趣味で集まる」わけなので

相手が恋愛目的だとは限らないという欠点があります。

 

また、趣味の集まりなので独身男性に限らず

既婚男性もたくさん含まれます。

 

つまり、再婚相手と出会えるかどうかは

職場以上に運の要素が高くなるというコトです。

 

ですので、こちらはあくまでも

「趣味を楽しむのが第一」であり、運がよければ

再婚相手が見つかるかもしれない、くらいの位置づけで

捉える方が良いでしょう。

 

ただ、趣味があれば自然と再婚相手が見つかる可能性があるので

選択肢に含めておくのは良いと思います。

 

婚活サイトや結婚相談所などの婚活サービス

各種婚活サービスは最近は最も定番の

再婚手段の一つになっています。

 

というのが、最初から

「こういう条件でこういう人と出会いたい」

とあらかじめ相手の条件を決められるからです。

 

そのうえで出会いを求めることが出来るので

今の時代は活用する人が増えているのです。

 

「再婚の場合でも使えるの?」と不安があるかもしれませんが

最近は再婚活専門のサービスも増えてきています。

 

代表的なサービスは3つあって、

・結婚相談所

・婚活パーティー

・婚活サイト(婚活アプリ)

です。

 

多少高額でも専門のプロに手取り足取り、再婚までの

出会いから結婚まで相談したい場合は結婚相談所がお勧めです。

 

ある程度、自分のフィーリングで再婚相手を見つけたい、

直接会って相手を探したい場合は婚活パーティーが良いですね。

再婚はバツイチ専門のパーティーなども増えています。

 

時間がなくて忙しく隙間時間に婚活したい、安価に再婚活をしたい、

メールのやり取りからスタートして恋愛も楽しみたい場合は

婚活サイトがお勧めです。

 

これらの具体的な違いは以下の記事も参考にしてみてください。

→ バツイチの再婚活で結婚相談所・婚活パーティー・婚活サイトのどこが良いのか?特徴や使い分け

 

これらの婚活サービスの活用は今の時代には

最も成功確率が高いと言えるでしょう。

 

具体的な再婚相手が浮かぶかどうかで再婚相手を探す方法は変わってくる

ここまで再婚相手を探す方法について解説しましたが

具体的な相手が浮かぶか浮かばないかで戦略は変わってきます。

 

もし、職場や友人の知り合いなどで「この人素敵だな~」という人や

「この人とだったら幸せになれそう」という人がいるのであれば

その相手にアプローチする方が良いでしょう。

 

しかし、具体的な相手がいない場合は

「相手探し」からスタートしなければいけません。

 

この時に、職場や友人や知人の紹介、趣味のサークルなどで

探すとなると「運の要素」が強くて時間ばかりかかるリスクがあります。

 

ですので、確実に出会いに繋げていける結婚相談所や婚活サイトなどの

婚活サービスを利用する方が早くて確実に再婚相手と出会えるでしょう。

 

まとめると、

・「この人!」という相手の顔が浮かぶ場合 → その人にアプローチをする

・「この人!」という相手の顔が浮かばない場合 → 婚活サービスを利用する

ということです。

 

自分の状況によって戦略は変えていきましょう。

 

バツイチが再婚相手を探す際の出会いの条件は?離婚原因から考えよう!

もし、まだ特定の相手がいないバツイチが

これから再婚相手を探すに当たって具体的にどういう条件で

相手を探すと上手くいきやすいのでしょうか。

 

それは、自分が過去に離婚した原因で考えると上手くいきやすいです。

 

離婚原因がお金の場合は再婚相手の条件は「お金でだらしなくないこと」が大事

例えば、初婚の時に燃え上がるように恋に落ちて後先考えずに結婚。

その後、「借金があった、お金にだらしなかった」というような場合。

 

離婚原因はお金になるわけですから、

「お金の面でしっかりとしているかどうか」を

再婚相手の条件に求めると同じ失敗は繰り返しません。

 

この辺は婚活サービスを利用すれば

相手の金銭状況などをあらかじめ知る事もできます。

 

離婚原因が価値観の違いの場合は再婚相手の条件は「価値観が同じこと」が大事

もし、離婚原因が価値観の違いだったとしたら、

「価値観が同じ」というのを一番重視して再婚すべきです。

 

価値観と言うのはちょっとしたところでズレてくるものです。

 

子供が好きか嫌いか。

どれくらい家族の時間を作るのか。

 

このような条件も婚活サービスでは指定できますから

失敗を事前に防ぐことは出来るのです。

 

再婚だからこそ慎重に出会いをし、幸せになりましょう

せっかく再婚しても同じ理由で離婚してバツ2になったりするのは

どうしても避けたいところですよね。

 

だから、「相手に求める条件」というのは

「自分が何故、一度離婚してしまったのか」を

振り返った上で考える必要があるのです。

 

離婚したとしてもしっかりとそれを自分の経験として

次に活かしていけば必ず幸せになることができます。

→ バツイチ子持ちでも再婚して幸せになっている人の特徴とは?

 

再婚で幸せになっている人は本当に多いですから

是非、諦めずに再婚活を頑張っていきましょう!