バツイチの再婚でもプロポーズや婚約指輪は必要なの?男女別の考え方について

バツイチで再婚活をしている人は当然

最終的には再婚することをゴールにしています。

 

その時に男性の場合につい考えてしまいがちなのが

「2回目の結婚でプロポーズをどういう風にすべきなのか?」

ということ。

 

一度、失敗しているというところで気がひける

バツイチ男性も多いかもしれません。

 

男性に限らず女性の場合でも「一度失敗しているから」と

気が引けて無意識のうちに相手からのプロポーズを

遠ざけてしまう行動をとってしまいがちです。

 

しかし、バツイチであっても、結婚の申し込みをする・受ける

プロポーズというのは大事なイベントです。

 

今回は、バツイチのプロポーズの考え方について

書いていきたいと思います。

 

バツイチのプロポーズは初婚以上に事前準備が大事

まず、バツイチの場合は初婚以上に

プロポーズ前に考えておくべきことがたくさんあります。

 

まずはバツイチ子持ちの場合、子供の問題があります。

 

・バツイチ子持ちの場合、子供と相手の面会は終わっているか?

・子供の戸籍の問題をどうするか?

 

このような問題があります。

 

戸籍の問題は後々から考えられるとしても

最低でも子供との面会は済ませておきたいところです。

→ バツイチの再婚活デートで彼氏や彼女と子供の面会のタイミングはいつにすべきか?

 

また、自分がバツイチだとしたら相手の親から猛反対される

可能性もゼロではありません。

 

もしかしたら、正式に結婚を決める前に

「結婚前提で付き合っている」と両親との顔合わせを

済ませておくほうが安心してプロポーズに踏み切れるかもしれません。

→ バツイチの再婚活における結婚相手と両親との顔合わせ成功法とは

 

自分たちの気持ちだけではなく子供の問題や

親の反対などもしっかりと準備した上でプロポーズに進むと

スムーズに事が進んでいきます。

 

しっかりと事前準備をしてから再婚にのぞむようにしましょう!

 

バツイチ再婚活における男女別プロポーズ成功法

事前準備が終わればいよいよ結婚。

ここでは男女別のプロポーズにおける成功法について書いていきます。

バツイチ男性がプロポーズをするうえで意識したいこと

再婚相手の不安を和らげることを最優先に考えよう

バツイチ男性がプロポーズをするに当たって意識してほしいのが

もし相手の女性が初婚だと不安を感じている可能性が高いというコト。

 

もし、子供がいて前妻と連絡を取り合っていたり

面会をしているとしたらそれは不安になるものです。

 

いくら高級レストランに行こうが素敵な指輪をプレゼントしようが、

この不安と言うのは必ず感じています。

 

ですので、その不安をしっかり解消できるような言葉を伝えるのが

一番大事なことです。

 

以前の奥さんとはけじめをつけて全く未練がないということや

たとえ子供との面会があっても一切、前の奥さんの気持ちがないということを

しっかり伝えて再婚相手だけを一番に愛していることをハッキリ伝えましょう。

 

婚約指輪は忘れずに!プロポーズは女性にとって忘れられない一日

再婚の場合に考えるのが「婚約指輪は必要なのか?」という点です。

 

再婚の場合は年代も30代後半以上というケースも多く、

そのために結婚式や披露宴なども行わないカップルも増えています。

 

しかし、そんな中でも女性にとってはやはりプロポーズは

とても大事な一大イベント。

 

婚約指輪を貰って嬉しくないはずがありません。

 

そのうえで素敵なサプライズが出来れば

さらにロマンチックな一日になり彼女も忘れられない日になるでしょう。

 

女性にとってはプロポーズというのは憧れですから

「2回目の結婚だから手抜きをしたんだ」と思われないように

しっかりと考えるのがお勧めです。

 

バツイチ女性がプロポーズを受けるうえで意識したいこと

バツイチでプロポーズを受けられる女性・受けられない女性に分かれています

バツイチの女性の場合、一度離婚をした不安から知らず知らずのうちに

結婚を遠ざけてしまうようなことをしてしまいがちです。

 

半年待っても、1年待っても、結婚する雰囲気にすらならない・

プロポーズしてくれる気配が感じられないというのは

何かしら問題が隠れている可能性が高いのです。

 

例えば、子育ての方針などを必要以上に新しい彼に伝えてしまい

彼が気を引けてしまい中々プロポーズに踏み込めない。

 

知らず知らずのうちに彼に結婚後の期待しすぎてしまい

重荷を感じさせてしまっている。

 

こういうケースがあります。

 

もし、相手が真剣なら必ずあなたに対して

プロポーズをするタイミングを考えていますが

プロポーズをされないのにも何らかの原因があるのです。

 

特にバツイチの場合は子供の問題や心理的な問題で

知らず知らずのうちにプロポーズされない原因を

作ってしまうケースもあるので気を付けましょう。

 

・子供の面で相手に過度な期待をしていないかな?

・知らず知らずのうちに相手に負担を感じさせていないかな?

 

このようなことを振り返ってみてください。

 

たとえプロポーズを受けても迷いがあると再婚できないケースも

中にはせっかくプロポーズを受けたのに

その瞬間に「はい」と回答できずに結婚できなかったケースもあります。

 

バツイチ子持ちだから再婚したい。

でも、子供のことを考えると100%再婚したいかは

自分の中で迷いがある。

 

このような状態だと良い雰囲気の相手がいたとしても

最終的に再婚できない可能性が高いのです。

 

あなたの中で迷いがあると当然ですが

再婚は出来ません。

 

再婚と言うのは初婚の時と同じく本当に大事なイベントです。

 

迷いがある場合は、どこに引っかかりがあるのか、

しっかりと時間をかけて気持ちを固めることも大事になってきます。

 

バツイチ再婚活のプロポーズについて まとめ

たとえ再婚であってもプロポーズと言うのは大切な儀式です。

 

再婚だからこそ子供や親の問題など色々な障害もありますが、

相手を想う気持ちがあればしっかりと乗り越えることができます。

 

是非、素敵なプロポーズで幸せになってくださいね。

 

また、プロポーズをしても女性の場合、

入籍には再婚禁止期間があるので頭に入れておきましょう。

→ バツイチ女性の再婚禁止期間について

 

プロポーズまで終えれば結婚式も考えておく必要があるので

こちらも読んでみてください。

→ バツイチの再婚で結婚式・披露宴はすべきか?その実情