バツイチ子持ちシングルマザーの再婚活で連れ子の戸籍や苗字はどうなるの?その仕組みを解説

バツイチ子持ちのシングルマザーが再婚活をするに当たって

気になるのが連れ子の戸籍や苗字の問題です。

 

特に子供が学校に行っているとなると

苗字を変える・変えないは慎重に考えたいところですよね。

 

ただ、最近の学校では

「戸籍上の苗字が変わっても学校では今までの苗字を使ってもOK」

というケースが増えており、比較的柔軟な対応をしてくれるケースが多くなっています。

 

今の時代、離婚や再婚が当たり前になっているので

学校側でいじめなどの問題に繋がらないような配慮があるのです。

 

ですので、戸籍や苗字を変えたとしても必ずしも

不都合にならないということもあるということです。

 

以上を踏まえて、今回は法的にもちょっと分かりにくい

戸籍と苗字について解説していきます。

 

離婚時の戸籍と苗字についておさらい

この記事を読んでいるほとんどの人が恐らく経験済ですが、

まずは、離婚時の戸籍について少しおさらいしておきます。

 

まず、離婚をした時の戸籍の動きですが、

1.妻の戸籍が夫の戸籍から除籍される

2.しかし、子供の戸籍は夫の戸籍のまま残る

という風になっています。

 

親権と戸籍は別物になるので仮に母親が親権者になったとしても

戸籍は父側に残るというコトです。

 

この時に、もし子供の戸籍を母側に移動させたい場合は

移動の手続きが必要になります。

 

つまり、子供の戸籍というのは

「移動の手続きをしない限りは変わらないもの」

だということです。

 

そして、離婚時に妻側は

1.旧姓に戻す

2.結婚時と同じ戸籍を新しく作る

という選択ができます。

 

例えば、鈴木という旧姓で結婚相手の苗字が田中だとした場合。

 

1.では田中から鈴木に戻すということで、

2.では田中のまま名乗り続けるということです。

 

子供がいなければあなた一人の問題なので、

1.の旧姓に戻すでも問題がありません。

 

しかし、子供がいる場合は2.の選択をして

結婚時と同じ苗字の戸籍を新しく作り、その戸籍に

子供を移動させるという手続きをする人が多いです。

 

そうすることで子供の苗字が変わらなくて済むからです。

 

結構、複雑ですが、離婚時に

恐らく一度は調べたことがあるんじゃないかなと思います。

 

再婚時の戸籍や苗字についても

基本的には離婚時と同じ考え方になります。

 

再婚時における戸籍と苗字のパターンについて

先ほども解説したように子供の戸籍は

「移動の手続きをしない限りは変わらないもの」

ですので、あなたが再婚相手の戸籍に移動しても

手続きをしなければ子供は元の戸籍のままです。

 

この時、子供の戸籍と苗字をどうするかによって

場合分けが出来るのです。

 

子供を旧姓のままにする場合

子供を旧姓のままにするには大きく2つのパターンがあります。

 

1.再婚相手と新しい戸籍を作り自分が新しい姓を名乗る。子供は元の戸籍のまま

2.自分が筆頭者になり、再婚相手に自分と子供の戸籍に入ってもらう

 

上記の2つのパターンです。

 

子供は旧姓のままですがデメリットもあります。

 

1.の場合のデメリットは自分と子供の姓が

別々になってしまうということです。

 

子供と自分の戸籍と苗字が別なのは心理的な抵抗があるかもしれませんし、

子供が寂しい想いをするかもしれません。

 

次に2.の場合。

 

こちらは再婚相手の苗字が変わる事になるので

十分な話し合いも必要になりますし、相手の許可が必要です。

 

男性側が苗字を変えるのは一般的ではないですし

相手が良くとも相手の両親が反対する可能性もあり、

あまり現実的な選択にはならないかもしれません。

 

子供を新姓にする場合

次に子供を新姓にする場合ですが

こちらも2つのパターンに分かれます。

 

1.再婚相手と新しい戸籍を作り自分が新しい姓を名乗る。子供は養子縁組する

2.再婚相手と新しい戸籍を作り自分が新しい姓を名乗る。母の氏への入籍届を出す

 

養子縁組とは血縁がない人同士で親子関係を作る法律のことです。

 

ですので、1.の場合は再婚相手と連れ子が

養子縁組により正式な親子関係が発生することになります。

 

一方で2.の場合は再婚相手と親子関係はないですが

子供を母親と同じ姓にすることにより、家族全員で同じ姓になります。

家庭裁判所に「母の氏を称する入籍届」を提出する必要があります。

 

養子縁組は再婚相手と連れ子が実の親子関係になるため

デリケートな問題です。

 

再婚相手が養子縁組を嫌がるケースもありますし、

子供が養子縁組を嫌がるケースもあります。

 

2人とも問題ないとしても相手側の両親が

認めないというケースもあります。

 

ただ、後からでも養子縁組は出来るので、

この辺は時間をっかえてしっかりと相談して決めるのがお勧めです。

 

いずれにせよ、子供の苗字が変わるのは

子供の年齢によっては嫌がる可能性は否定できません。

 

特に中学生くらいの思春期の子供にとっては

苗字が変わるのは抵抗が強いかと思います。

 

ただし、冒頭で書いたように最近の学校では

「戸籍上の苗字が変わっても学校では今までの苗字を使ってもOK」

というケースも多いので、子供や学校など幅広く相談してから決めるのが大事です。

 

戸籍や苗字・養子縁組はよく相談して決めるコトが大事

ここまでルール的な説明をしてきましたが、

結局、戸籍や苗字を変えるには子供の気持ちや

再婚相手の意向など幅広く考える必要があります。

 

養子縁組については後からでもできるので冷静に考えることも大事です。

→ バツイチ子持ちが再婚時に養子縁組すべきか?メリット・デメリットを解説

 

色々と面倒なところではありますがじっくりと相談して

後悔がないように方針を決めてくださいね。