バツイチ女性の再婚禁止期間とは?その法律の仕組みや注意点を解説!

バツイチになって再婚活をする時に

場合によって問題になるのが女性の再婚禁止期間です。

 

民法733条の規定により女性は離婚から100日間は

再婚が出来ないようになっているのです。

 

古い情報だと半年間(6か月間)と言う風になっている場合もありますが

2016年に半年から100日に短縮されました。

 

男性は再婚禁止期間が定められていないので、

中には「男女差別だ」という意見もありますが、

ルールはルールなので守る必要があります。

 

今回はこの再婚禁止期間について解説します!

 

女性の再婚禁止期間とは?どういう法律?

まず、再婚禁止期間を知るにはその法律を

知る必要があるので、簡単に見ておきましょう。

 

第733条

女は、前婚の解消又は取消しの日から起算して百日を経過した後でなければ、再婚をすることができない。

前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。

一 女が前婚の解消又は取消しの時に懐胎していなかった場合

二 女が前婚の解消又は取消しの後に出産した場合

 

このようになっています。

 

ここで、妊娠の可能性がない場合は再婚禁止期間が適用されないとしていますよね。

 

つまり、この再婚禁止期間の目的と言うのは

「妊娠していた場合に前の夫との子供なのか、

再婚相手との子供なのか分からなくなるのを防ぐため」

に設けられているのです。

 

もし、前の夫との子供だったのに

「俺の子供じゃないから子供の養育費は払わない」

というようなトラブルを防ぐためにこの法律が存在するということです。

 

ただ、これは「男女平等の憲法に反する」という指摘があり、

以前は半年間だったのが100日に短縮されました。

 

また、「前の夫との妊娠があり得ない」場合は

即時再婚できるようになったのです。

 

男性の場合、再婚禁止期間は特に存在しない

女性の再婚禁止期間について書いたので

「じゃあ男性はどうなるの?」

と疑問に感じるバツイチ男性もいるかもしれません。

 

男性の場合は妊娠の可能性がないので即時再婚が可能です。

 

再婚禁止期間というのは女性の妊娠にかかわる

トラブルを防ぐ意味合いが強いので男性は設けられておらず

極端な話、離婚した翌日にも再婚が出来るのです。

 

女性が離婚後、即時再婚が可能なケース

では、どういう場合に女性は即時再婚できるのでしょうか。

 

基本的な考え方として、

「女性が妊娠した場合に父親が明らかな場合」

「女性の妊娠の可能性があり得ない場合」

は「誰の子供か分からない」と言う風にならないので即時再婚が可能です。

 

具体的なケースを見ていきましょう。

 

女性が60歳以上の場合

この場合、現実的に女性は妊娠が出来ないので即時再婚が可能です。

 

女性が病気などで出産が出来ない場合

女性が病気で出産が出来ない場合、

子供が生まれる可能性がないので即時再婚が出来ます。

 

離婚前に既に妊娠が判明している場合

この場合、父親が不明確になる可能性はないので

即時再婚が出来ます。

 

離婚後に同一の相手と再婚する場合

この場合も父親が特定の一人なので

即時再婚が出来ます。

 

父親が行方不明などで離婚に至った場合

失踪などで3年以上生死の状態が不明になっている場合、

裁判により離婚が可能です。(行方不明ではなく生死不明なのが条件になります)

この場合、妊娠の可能性がないので再婚が出来ます。

 

仮に100日の再婚禁止期間に再婚をしようとする場合どうなるのか?

まず、原則として再婚禁止期間に再婚をしようとしても

婚姻届けを受理してもらえないことになります。

 

仮に間違えて受理されたとしても、

婚姻取り消しになる可能性もあります。

 

ですので、基本的には再婚できないと覚えておきましょう。

 

ただ、間違えて受理されるケースもあり、そのうえで

子供が仮にできた場合、裁判により前夫の子供なのか

新しい夫の子供なのかを決める必要が出てきます。

 

こうなると面倒ですから、やはり再婚禁止期間は

原則として再婚は出来ないものだと覚えておく方が良いですね。

 

バツイチの再婚までの期間の実情とは?

ここまで再婚禁止期間について解説しましたが、

ここではバツイチの平均再婚期間を見ておきましょう。

 

厚生労働省の「人口動態調査」によると

バツイチが再婚までに要した期間は以下のようになっています。

 

1年未満 1~2年 2~3年 3~4年 4~5年
男性 15.6% 13.0% 11.0% 9.3% 7.8%
女性 13.3% 12.7% 10.8% 9.3% 7.8%

 

このデータを見ると男女共に1年未満に再婚する人が多く

40%近くの人が3年以内には再婚していることが分かりますね。

 

女性も1年未満で再婚している人が13.3%もいますから

再婚禁止期間を乗り越えて再婚している人が多いというコトが分かります。

 

データを見ても今の時代、早い段階で再婚をして

第二のスタートを切っている人が多いのでもう再婚は当たり前なのが分かりますね。

 

再婚禁止期間について まとめ

ということで、この記事では再婚禁止期間や再婚期間の実情について

触れてきました。

 

再婚禁止期間は法律的なものですので、

個人の努力ではどうしようもない部分もあります。

 

しかし、再婚する前には相手がいなければ新しい相手と出会う時間も必要です。

→ バツイチが再婚相手と出会う方法とは?出会いを成功させる場所や条件

 

また、相手がいたとしても、再婚相手の親への顔合わせだったり

バツイチ子持ちであれば子供と新しい相手との面会など

色々と大切なイベントもたくさんあります。

→ バツイチの再婚における両親との顔合わせ方法について

 

再婚が出来ない期間にこそ、

すべきことはたくさんあるということです。

 

幸せになれるように素敵な再婚活をしていきましょう!