バツイチ子持ちが再婚時に養子縁組すべき?メリット・デメリットを遺産相続や苗字・養育費の面で解説

バツイチ子持ちのシングルマザーが再婚をした時に

検討すべき問題の一つが養子縁組です。

 

というのが、たとえ再婚相手との婚姻届けを提出しても

再婚相手と連れ子の間では自動的に親子関係が発生しないからです。

 

養子縁組とは親子関係がない人の間で法的に

親子関係を認める制度のことですので、養子縁組をすることで

再婚相手と連れ子が晴れて親子になることができるわけです。

 

しかし、養子縁組をするに当たっては戸籍の問題や

遺産相続の問題・扶養や養育費の問題など色々と

考えるべき問題があります。

 

また、再婚相手と連れ子の間に深い絆がないと

実際には心理的な抵抗もあったりしますし、

デリケートな問題でもあります。

 

ここでは再婚時に知っておきたい養子縁組について解説します。

 

養子縁組とは何か?その仕組みについて

養子縁組とは先ほども解説した通り

「親子関係がない人の間で実の親子関係を発生させる

法律的な取り決めの事」です。

 

養子縁組は大きく二つのパターンがあり、

1.普通養子縁組

2.特別養子縁組

があります。

 

普通養子縁組とは何?その特徴について

普通養子縁組というのは縁組をしたとしても

実の親との親子関係が切れないという特徴があり、

当事者の意思があれば自由に養子縁組が可能です。

 

実の親子関係が切れないので、連れ子から見ると、

実の父親も養子縁組した父親も両方とも父親だということになります。

 

戸籍上は「養親」「養子」と記載されます。

 

特別養子縁組とは何?その特徴について

特別養子縁組というのは、普通養子縁組と違い

養子と実親の親子関係が切れる特徴があります。

 

ですので、連れ子と実親の親子関係がなくなり

養子縁組した父親のみが父親になります。

 

なので、戸籍上でも「実親」「実子」と記載されます。

 

特別養子縁組に関しては条件が厳しくなっており

・家庭裁判所での手続きが必要になる

・養子になる子供が6歳未満であることが条件になる

・実父が経済力がないなどの理由で養育が難しい

という条件が必要になり、普通養子縁組よりも

ハードルが高くなっています。

 

再婚相手と連れ子の養子縁組のメリットとは?

養子縁組をすることによるメリットは大きく2つあります。

 

それが、

・再婚相手に連れ子への扶養義務が発生する事

・再婚相手の遺産相続権を得ることができる事

です。

 

順番に見ていきましょう。

 

再婚相手に扶養義務が発生する

まず、大きなメリットになるのが再婚相手が連れ子に対する

扶養義務が発生するという点です。

 

もちろん、養子縁組をしなくても同じ家に住んでいて

子供が小さければ扶養してくれるのが普通だと思いますが、

ただ、法的には「扶養義務がない」のです。

 

しかし、養子縁組をしておくと再婚相手に連れ子への

扶養義務が発生しますから安心して子供を育てられます。

 

養子は養親の遺産相続権が得られる

もう一点のメリットとして養子は養親の遺産相続権利も

得られるという点です。

 

仮に養親に借金がある場合でも遺産放棄もできるので

借金を背負うということもありません。

 

ちなみに、普通養子縁組の場合は実親の遺産も相続が出来ます。

特別養子縁組の場合は養親の遺産相続権のみ持つ事になります。

 

再婚相手と連れ子の養子縁組のデメリットとは?

デメリットは大きく二つあります。

 

それが、

・子供の苗字が新姓に変わることになってしまう

・前夫からの養育費がもらえない・減額される可能性がある

ということです。

 

順番に見ていきましょう。

 

子供の苗字が新姓に変わることになってしまう

再婚相手と子供の間で養子縁組をした場合、

子供の苗字が再婚相手と同じ苗字になります。

 

もし、子供がまだ小さなうちであれば問題になり得ませんが

中学生くらいの場合は苗字が変わることに対する抵抗を感じるかもしれません。

 

再婚時の子供の苗字の問題はデリケートな問題で、

しっかりと相談した上で決める必要があります。

 

苗字を変えるパターン・変えないパターンについて

色々な方法があるので以下の記事も参考にしてみてください。

→ バツイチ子持ちのシングルマザーが再婚する際に抑えておくべき戸籍と苗字の問題

 

ただし、今の時代は学校側も柔軟な対応をしてくれるケースも多く

事情を説明すれば学校内では旧姓のままでOKな場合もあります。

 

養子縁組をして実際の苗字が変わったとしても

学校内では以前の苗字のままで名乗ることでクラスメイトに

家庭の事情が一切バレないということです。

 

色々なケースがあるのでこちらは事前に学校側にも確認するのがお勧めです。

 

前夫からの養育費がもらえない・減額される可能性がある

こちらは再婚相手が子供の扶養義務を負う事により

前夫からの養育費が受け取れなくなる・もしくは

減額される可能性があるということです。

 

養育費については以下の記事も参考にしてください。

→ バツイチ子持ちの再婚時における養育費の問題を支払う側・受け取る側から解説

 

ただ、これは再婚相手が扶養義務を負うメリットによるものなので

必ずしもデメリットとは言えない部分もあります。

 

養子縁組は焦る必要はなし!じっくり話し合って決めましょう

ここまで養子縁組のメリットとデメリットについて

解説してきましたが、養子縁組をしたからといって

日常生活が劇的に変わるものではありません。

 

むしろ、苗字の問題など子供にとってはデリケートな

デメリットも含みますし、何よりも再婚相手の気持ちや

子供の気持ちなどを踏まえて決めるべき問題です。

 

焦らずにしっかりと話し合って決めるコトが大事なので

この記事を機にぜひじっくり考えてみてくださいね。