バツイチが再婚活で結婚相談所の成婚率を当てにし過ぎてはいけない理由【高い数字は嘘なのか】

結婚相談所を選ぶうえでたくさんの人が参考にする数字が成婚率です。

 

特にバツイチが再婚をする時には

「次は絶対に失敗したくない」という想いから

成婚率が高いか低いかかなり入念に調べがちですよね。

 

しかし、この成婚率という数字は確かに「どの結婚相談所を選ぶか」の目安にはなりますが

一方で成婚率だけで結婚相談所を決めるのは危険です。

 

というのが、結婚相談所ごとに成婚率の算出方法が

全く違っていて簡単に比較できないようになっているからです。

 

この記事では結婚相談所における成婚率のカラクリについて

徹底解説します。

 

そもそも結婚相談所ごとに成婚率の算出方法が違う

まず、最初に知っておかなければいけない知識として

結婚相談所ごとに成婚率の算出方法が異なります。

 

大きく三つの算出方法があり、それが以下の三つです。

  1. 「成婚による退会者」÷「総会員数」
  2. 「一定期間の成婚による退会者数」÷「一定期間の退会者数」
  3. 「成婚による退会者数」÷「成婚以外を含む全退会者数」

 

例えば、以下のような状況を考えてみてください。

■総会員数:100名(うち10名は2018年に入会)
■成婚退会者:10名(うち5名は2018年に退会)
■成婚以外での途中退会者:20名

 

この時、1~3でそれぞれ以下のような成婚率となるのです。

  1. 「成婚退会者:10名」÷「総会員:100名」=「成婚率:10%」
  2. 「一定期間の成婚による退会者:5名」÷「一定期間の退会者:10名」=「成婚率:50%(2018年実績)」
  3. 「成婚退会者:10名」÷「成婚以外を含む全退会者数:30名」=「成婚率:33%」

 

このように、全く同じ状況でも計算方法が変わることで

成婚率が10%~50%という幅が生まれてしまいます。

 

ですので、結婚相談所ごとの成婚率はそのまま比較できないのです。

 

全て同じ基準で算出した時の結婚相談所の成婚率とは

では、全く同じ基準で各結婚相談所の成婚率を算出すると

どういう数値になるでしょうか。

 

「過去1年の成婚退会者数 ÷ 在籍人数」で主要結婚相談所の成婚率を算出してみたところ

以下のような数値になりました。

結婚相談所 成婚率 会員数
楽天オーネット 24.5% 48,001名
ツヴァイ 18% 29,236名
ゼクシィ縁結びカウンター 不明 23,400名
パートナーエージェント 28.6% 11,745名
IBJメンバーズ 16% 58,647名
ノッツェ 不明 不明
サンマリエ 不明 不明
エン婚活 不明 21,859名

 

ご覧の通り、パートナーエージェントが最も成婚率が高く、

楽天オーネット、ツヴァイ、IBJメンバーズと続くことが分かりますね。

 

データマッチング型の結婚相談所と仲介型の結婚相談所とでは

そこまで大きな数字の違いが出ていないことが分かります。

→ データマッチング型と仲人・仲介型の結婚相談所はどちらが良いのか?

 

成婚率を公開していない結婚相談所も目立ちますが、

「成婚率そのものが曖昧だから公開しない」という相談所も数多くあるので

たとえ、成婚率が不明であっても低いとは限らないと言えるのです。

 

成婚率を出しても「成婚の定義」が結婚相談所ごとに異なるので単純比較は出来ない

ここでは公表されているデータから成婚率を算出しましたが、

実はここで算出した成婚率も「正しいとは限らない」のが実際のところです。

 

というのが、結婚相談所ごとに「成婚の定義」も異なるからです。

 

単純に退会する人の割合を「成婚率」とみなすケースもありますし、

真剣交際(いわゆるお付き合い)の相手が決まったら

ほぼ結婚するだろうという事で「成婚」とみなすケースもあります。

 

あるいは、双方の入籍の意思を確認し親の顔合わせまで終わって

ようやく「成婚」とみなす場合もあります。

 

このように、成婚率うんぬん以前に

「成婚という状態がどういう状態なのかの定義」が曖昧なのです。

 

ですので、成婚率という数字を追いかけすぎても

逆にどの結婚相談所が自分に合っているのか分からなくなるのです。

 

結婚相談所そのものは他の婚活サービスより成婚率が高いのは確実

とは言っても、結婚相談所自体の成婚率は低くても10%と言われており、

その他の婚活サービスに比べると5倍も10倍も結婚に至りやすいのは間違いのない事実です。

 

これはバツイチが再婚活をする場合でも同じことが言えます。

 

というのが、結婚相談所は相応の値段を支払うからこそ

「絶対に結婚したい」という結婚願望が非常に強い男女が登録しており、

結婚相談所に所属しているだけで「結婚願望が強い相手の紹介」が

コンスタントに行われていくからです。

 

婚活サイトにしろ婚活パーティーにしろ値段が安い分、

結婚相談所に比べるとどうしても結婚願望が低いのです。

→ 再婚活をする上で結婚相談所・婚活パーティー・婚活サイトのどこを選ぶべきか?

 

ですので、「どうしても再婚したい!」と言う場合は

やはり結婚相談所が他の婚活サービスよりも圧倒的にお勧めです。

 

結婚相談所自体は年代や居住地、趣向によって

どこを選ぶべきなのかは変わってきます。

 

資料請求自体は無料でできますし、一括で結婚相談所各社の

資料を取り寄せることも出来るので、迷う場合はこちらから

是非、一歩踏み出してみてくださいね。

 

↓結婚相談所各社の無料婚活体験サービスを受けてみる↓

結婚相談所各社へ一括資料請求