バツイチの再婚活デートで彼氏や彼女と子供の面会のタイミングはいつ?大事な考え方

バツイチで再婚を考えていて自分が

シングルマザーやシングルファザーの場合。

 

どのタイミングで恋人と子供の面会の機会を作るかは悩むものです。

 

そこで、今回の記事では

「彼氏や彼女と子供の面会の成功法」

について解説します。

 

バツイチ子持ちで恋人と子供の面会のタイミングについて

まず、多くの人が悩むのが

どのタイミングで子供と恋人の面会の機会を作るかです。

 

ここはその点について書いてみます。

 

恋人と子供の面会タイミングは「遅い」ほうが良い

まず最初に結論を書いてしまうと、

「恋人と子供の面会のタイミングは遅い方が成功確率は高くなる」

ということを抑えておく必要があります。

 

多くの人が早ければ早い方が良いと誤解していますが

実は遅い方が良いのです。

 

というのが、面会のタイミングが遅いというのは

それだけ長く「結婚前提で付き合ってきた」ということです。

 

つまり、あなたと相手の相性の問題で

別れる可能性は低く、あとは子供や両親との顔合わせをすれば

ほぼ再婚に至るということ。

 

しかし、もし恋人と子供との面会が早い場合、

まだ相手との関係が深くない中で子供と会わせることになります。

 

いくら相手が

「子供大好きだから大丈夫だよ」

なんて言っていても、出会ってすぐに子供と面会をして

その後にそのままゴールインできるかは正直分かりません。

 

仮に恋人と子供の面会後に別れてしまったとしたら子供に

不必要な傷をつけてしまうかもしれません。

 

子供の立場で見ると、何度も親の相手が変わるのは

必要以上にストレスにもなり得るのです。

 

ですので、恋人と子供の顔合わせは

「2人の間ではもう再婚することはほぼ決まっていて

あとは子供や相手の両親との顔合わせをするだけ」

という段階で行うほうが良いのです。

 

プロポーズまで完了してからの子供との顔合わせが望ましいです。

→ バツイチの再婚でもプロポーズは必要なの?その考え方

 

付き合いはじめは焦らずまずは子供抜きで2人の関係を作ることから

バツイチ子持ちだとどうしても子供が大事だと思うあまり、

早く子供と相手の関係を作りたいと考えてしまいがちです。

 

そこで、デートの時に子供の話が中心になってしまったり、

無意識のうちに子供のことで相手にプレッシャーを与えてしまうなんて

失敗が意外と多いのです。

 

しかし、まずは付き合っている相手と

2人の関係をじっくり作るところからスタートしましょう。

 

そもそも、相手は「あなた」に魅力を感じて

お付き合いをスタートしています。

 

これはバツイチ子持ちであっても同じです。

 

そんな中で子供の話ばかりしてしまうと

自分の魅力を下げてしまい、逆に再婚が

遠ざかってしまう原因にもなりかねません。

 

焦らずに時間をかけて2人の関係を作り、

少しずつ子供の事を理解してもらうのが上手くいきやすい流れです。

 

恋人と距離が近くなり再婚の話になれば自然と子供との面会の話になる

もし、交際を順調に続けて

相手が本気であなたと再婚を望んだ場合。

 

あなたがバツイチ子持ちだと知っているのであれば

子供の問題は避けて通れないのは相手も承知しています。

 

つまり、「自然と子供との面会の話になる」のです。

 

ですので、早い段階で面会を望まなくても

最終的に再婚をするには必ず面会の機会がやってくると

知っておきましょう。

 

子供に再婚相手との面会を切り出す方法について

恋人とあなたの間で再婚をするコトがほぼ決まり、

子供と面会しようとなった時。

 

具体的に子供にどのように面会を切り出せば良いでしょうか?

 

これは子供の年齢によるところが非常に多いです。

 

もし、子供がまだ小学生低学年以下の場合は

「新しい恋人と会うから一緒に遊ぼうか」

と伝えれば喜んで会ってくれるでしょう。

 

逆に子供が大学生以上で大人になっている場合でも

既に自立しているので、親の恋愛に対しても理解して

協力的になってくれると言えます。

 

一方で難しいのが子供が思春期前後の場合です。

 

子供が思春期の場合は親に新しい恋人が出来るのに

反抗的な気持ちを感じるケースもあり得ます。

 

ただ、これは子供の性格次第ですし、

伝えてみないと分からない事も多いです。

 

いずれにせよ、面会をするのであれば

「恋人ができた」ということを踏まえて

しっかりと自分の考えていることを子供に伝えるのが大事です。

 

最初は嫌な顔をしていても最終的には喜んでくれるケースも多いですから

前向きに再婚活に取り組んでください.

 

再婚相手と子供の面会についての口コミ

ここでは再婚相手と子供との面会についての口コミを紹介します。

 

子供の年齢など色々なケースがあるので

参考にしてみてください。

 

隆さん(仮)の口コミ:子供が小さかったのですぐに懐きました

妻と出合う前は、バツイチ子持ちは論外でした。

特に理由はありませんでしたが、自分も初婚だから相手も初婚が良いなと思っていました。

 

妻からバツイチと聴いた時に、一番不安だったのは、

子どもに対して、自分が上手く接して可愛がることができるかということでした。

 

ただ、会ってみないと分からないと会ってみる事に。

 

子供が小さかったので、2回目のデートで会いました。

 

すると、幸いまだ子どもが小さかったので、すぐに懐きましたし、

私自身、子どもが好きだったせいか、特別な感情を持つことなくスムーズ仲良くなれました。

 

ただ、不安点もあります。

 

現在、まだ私と妻の間に子どもはいませんが、もし子どもが生まれた時に、

平等に接することができるかについては不安を感じています。

 

健さん(仮)の口コミ:小学5年生の子供が懐いてくれず苦労しました

妻の連れ子とどのように会うかはかなり話し合って、

僕の家に遊びに来てくれるという形で会うことになりました。

 

妻は楽観的だったのですが、僕は子供を作った経験もなく

不慣れなので不安もありました。

 

そして、最初にあった時。

一人っ子で甘えん坊だったのでやはり僕にはなつきませんでした。

 

やはり大変だなと思いましたが、時間がかかるものだと

割り切って自分から距離を縮めようと努力しました。

 

ただ、買い物に一緒に行っても手をつなごうとすると逃げていくし、

いつも妻の陰に隠れていて僕が妻に近づくと明らかに不快な顔をします。

 

小学5年生なのもあるかもしれませんが、子供を持った経験がないので

本当になれてなついてくれるのかと毎日考えることが非常に苦労した点です。

 

今では少しずつお互いに慣れてきたのかなと感じています。

 

苦労はつきものですが時間をかけて乗り越えていけばいいのではないかと思います。

 

再婚相手と子供の面会について まとめ

ここまで再婚相手と子供との面会について

色々と解説してきました。

 

本当に色々なパターンがありますが、たとえ

再婚相手と子供が最初は上手くいかなくても、時間の経過によって

本当の親子のように関係が深まっているケースが多くあります。

 

上手くいっている事例も多いので、

祐樹をもって再婚活を頑張ってみてくださいね。